« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の12件の記事

 ●電子ルーレット

その昔、電子工作もプラモデルと同じくらいホビーとしてのジャンルは確立していたのですが、その頃は普通のおもちゃ屋さんで電子工作を手軽の楽しむことのできるキットを売っていました。

ラジオのキットとかも結構種類がありましたけれど、私がよく買っていたのは 『エレキット』 でした。

今販売されいるエレキットとはちょっと違うのですが、当時はパッケージがブルーのベースに透明のカバーのついたプラスチックケースになっていて、それがそのままキットを収めるケースになっている優れものでした。

キットの回路はちょっとしたゲームから実用的なものまでいろんな物がありましたね。
当然のことながらキットによって値段も変わりまして、モノによっては小中学生のお小遣いでは買うのが難しいものもありましたねぃ・・・

その買うのが難しい金額だったキットのひとつが 『電子ルーレット』 。

Roulette_breadboardFCZ研究所の“自作電子回路テキスト”でこの電子ルーレットの回路がありまして、当時はお小遣いが足りずに買えなかったよなぁと懐かしくなって、ブレッドボードで組み立ててみました。

子供の頃買えなかったエレキットの回路がどうだったのかは、買えなかったので当然わかりませんが、今回組み立てた回路はトランジスタでパルス波を発生させて、10進カウンタICで10個のLEDを順番に発光させていくと言うものです。

いや~、これ、思ってたより面白いかも♪

これも先日作ったフルカラーLED調光器と同じように子供にも好評で、一緒にむちゅーになって遊んでしまいました。(笑)

またこの回路はちゃんと基板に組み立ててケースに収めて、いつでもちゃんと遊べるようにすることにしましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 蛍光灯の色温度

今日は久々にゆっくりとした休日を過ごせました。

090625 9時くらいまでゆっくりと朝寝をして、自転車でのんびりサイクリングして、湖岸の公園の木陰のベンチで一人、缶コーヒー片手に ボ~~~~~~~~~~~~~~~~っと してました。(笑)

こんなにゆっくりすごしたのは何年ぶりだろう?
少なくとも結婚してから昼間っから一人で過ごす時間ってなかったような気がするので、十何年ぶりかな?(^^.)

この後、工作好きの心のオアシスであるホームセンター(笑)へ。

小型の充電式ドリルドライバーに心とわずかばかりの財布のお金を全て奪われそうになりつつもそれをぐっと堪えて、工作時に使っている卓上電気スタンドの蛍光灯を購入。Photo

蛍光灯スタンドは工作作業での手元を照らす本来の目的はもとより、作業中の工程や完成品を撮影する際の補助光としても使っているのですが、蛍光スタンドに元々ついていた蛍光灯と、撮影時のメインの光源となるカメラのストロボとの色温度の差によって色バランスが崩れがちで困ってたのです。

元々ついていた蛍光灯は3波長蛍光管の 『昼白色』 で色温度は5000K。
プリント写真の色評価用ではないけれども十分に色の判定には使えるのですが、撮影時に色温度6500Kのストロボと併用すると、使っているカメラのオートホワイトバランスの性質が敏感なために蛍光灯とストロボの色温度の差が色バランスの崩れとして出ちゃってるんですよねぇ。

撮影時の光源を蛍光灯のみにするとか、ストロボのみにすればホワイトバランスは取れるのですが、27Wの蛍光灯のみですと光量不足で絞りが開放に近くなり被写界深度が深く取れません。
カメラの内臓ストロボのみにすると強く不自然な影が出てしまうんですよねぃ・・・

続きを読む " 蛍光灯の色温度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ●まずはトランジスタ回路を理解しようと思う

パソコンが使えるようになりましたので、ハンディーオシロスコープを使って昔から気になっていた事を確かめるためにボチボチと実験してます。

実験と言っても基本的なトランジスタの増幅回路で部品の定数差によって増幅率がどう変わるかとか、そういう簡単なものなんですが。(^^.)

_01_0210年位前に電子工作熱が上がった時にFCZ研究所の 『サイン波発振器』 キットを作ったものがあります。
ハンディオシロでその波形を確認してみるとウェーブの谷に当たる部分が山側に比べてちょっと鋭角になっていました。

工作上の問題でそういう波形になったのか、回路そのものがそういう特性を持っているのか、まだインピーダンスの高い専用のプローブを作っておらず直接ライン入力につないでいる為、それが影響しているのかはまだ判らないのですが、山側と谷側の波形の違いがトランジスタの増幅回路で位相がどう変わっていくのかのよい目安になってます♪

Sin01このキットの出力に基本的なエミッタ接地のトランジスタの増幅回路を付加してるんですが、トランジスタで増幅したときの波形とキットそのままの回路の出力波形では位相が反転してます。

知識としてはすでに知っていたことなんですが、実際に波形を観測できると、独りよがりな思い込みかもしれませんが “本で読んだだけの知識” が “役に立つ経験” になるように思うんですよね。

中学生くらいの時に 『ビギナートランジスタ読本(だったかな?)』 と言う本を読みましたが、当時はいまいちよくわかりませんでした。

サイン波発振器を作った頃にも『定本 トランジスタ回路の設計』を一通り読んではおりましたが、書かれている内容も知識としては多少脳ミソには入りましたけれども、内容をすべて理解したとまでは言えません。

ただ単に読んだだけで本に書かれている回路を実際に組んだ事はありませんでしたし、本の中で解説されているような波形が実際に出ているのかどうかを確かめるオシロスコープを買えるほどお金がなかったので、実際に試してみようと言う気が起こらなかったんですよねぇ・・・(^^.)

でも今は可聴域だけとはいえ波形を観測できる環境があります!

『定本 トランジスタ回路の設計』をもう一度読み返して、オシロを使って実験をしながら、昔やり残していた勉強をやっていこうかなと思ってます。
(まさに「四十の手習い」状態ですけどね...^^.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ◇フルカラーLED調光器

『いまからはじめる電子工作』で紹介されていた大型のフルカラーLEDを使った調光器を作ってみました。F_led01

RGBそれぞれの光量を別個に調節できるので、各色の光量の組み合わせ次第でいろんな色の光を作り出す事ができます。

回路はとても簡単で、部品もフルカラーLED以外は特殊なものはありません。
詳しくは「いまからはじめる電子工作」の公式サイトの 『●3.2 (3)フルカラーLED調光回路』 を参照してください。

F_led05F_led04大型のクリップの入っていたプラケースに基板と電池類を収めまして、フルカラーLEDはそのままだと光量が大きくて色の判別がしにくい感じがしたので、ガチャポンの丸い透明のケースにトレーシングペーパーを詰め込み、LEDの光を拡散して見やすいようにしました。F_led02

絵の具を混ぜて調色するのが好きなうちの子供のおもちゃとして作ったのですが、こっちが思ってた以上に真剣になって遊んでます。(笑)

F_led06絵の具は色んな色を混ぜていけばいくほど黒色に近づいていきますが、光の三原色の場合はRGB全ての色を合わせて強くしていくと白色に近づいていきます。
これは小学2年生の子供には不思議なんでしょうね。

でもあえてその不思議の答えを教えてやってません。

子供の頃に不思議に思ったことって、意外と大人になっても気になって憶えていたりするんですよね。

F_led07光の性質についてはプリズムを使った実験とかでいずれ学校で習うでしょうし、その時に不思議に感じていた謎が解けて、茂木健一郎さんが仰っているような『アハ体験』を経験できるんじゃないかと。
で、それをきっかけに 知る事の楽しさ を感じとってくれればなぁって思ってるんですが。(^^;)

ま、そういう思惑通りに事が進むとは限りませんが、まだ知識の少ない子供の内にこんな『謎』をいっぱい残しておいてやろうと思ってます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 正体不明

パソコンの再セットアップも完了し、やっとまともなパソコン環境が戻ってきました♪
(やっぱり今時win98マシンでは結構きつかったっす...^^.)

さて、それとは直接関係はないのですが、仕事場でUSBケーブルのコネクタが両方ともA(オス)になっているものが必要になりまして、近くの電器屋さんとかで探してみるとAオスとBオスばかりで、両方ともAオスっているのが意外と無いんですよね。

Photoいろいろと探して回ったら自宅近くのHARDOFFで1本だけ見つけることができました。

ただケーブル単体ではなく、ジャンク扱いの正体不明の機械とのセットで315円でした。
たぶん感熱紙を使うポータブルサーマルプリンタだと思うのですが、中国製だということ以外、詳細はまったくわかりません。

まぁ、欲しかったのはUSBケーブルなのでこの機械が何であろうと問題ないのですが、先日手に入れたUSB出力の電池ボックスと同じように、私の琴線にちょっこっと触れてくるモノがあるんですよね~(笑)

またその内に分解してパーツ単位で活用することも含めて、こいつが何に使えそうかを考えてみましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 電源じゃなかった?!

前回のエントリーで問題は電源だと確信し、新しい電源に交換したのですが・・・

やっぱりCrashFreeBIOSが立ち上がり、OSの起動画面どころかBIOSの設定画面にすらたどりつけておりません。(^^;)

メーカーのサポートページを見ても同様の症例は無かったし、ドスパラのサポートにも電話してみたのですが、原因として考えられる事への対処はほとんど全て試しておりましたので、何故立ち上がらないかを解明できないでいます。

BI●STARのマザボはOSの起動画面までは問題なくいけたんですけどねぇ・・・
もっともキーボード・マウスの入力を受付けなかったのでログインできませんでしたけど。(^^;)
またBI●STARのマザボに戻したら電源を変えたので問題なく動きそうな気もするのですが、もう既に売っぱらっちゃったのでまた同じモノ買いなおすのもバカらしいし・・・

何かまだ見落としてる事があるのかな~?
車のエンジンが掛からない!故障か?と焦ったらシフトレバーがDレンジに入ったままだったとか言うような、なんだかつまんないミスを犯してそうな気もしないでも無いのですが、どこでミスをしてるかわかんない。(苦笑)

オシロスコープのソフトを使ってやりたい実験があるので早いとこパソコンを何とかしたいのですが・・・
いっそのこと、このパソコンを諦めて、本物のオシロスコープを買っちゃおうか?

あ、、、、お金がその他の事に食われちゃったんだった・・・・。゜゜(´□`。)°゜。


・・・と、ココまで書いたところで基本的なところをひとつ試していない事に気がつきました。

メモリーの交換です。

別のメモリーで試しました。

・・・

続きを読む " 電源じゃなかった?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 やっぱり電源だ!

家電製品の故障・買い替えが相次いで、資金も気力も奪われて、なんだかやる気がなくなって放置してるパソコンの修理ですが、何気なくマザボの説明書を読んでいて目に入ってきたのが 『minimumPower400W』の文字。
そう、このマザーボードは最低でも400Wの電源が必要なのです。

筐体についている電源も400Wだったはずだけどなぁ~と、このパソコンのパーツリストをゴソゴソ探して確認してみると、《電源350W》 の文字が・・・(^^;)

前のBI●STARのマザボの場合はAS●STeKのような性能の詳細のわかる説明書は付属してなかったので最低動作電圧も判りませんが、なんとか起動可能ではあったけれどもキーボードが認識されなかったのは電力不足が原因だったかも・・・
このAS●STeKのマザボでは完全に電力不足でBIOSすら立ち上がらないほどだったんですし、その可能性は高いですよね。

どちらもショップのサポートでこちらの確認した不良個所が再現・発見されているので初期不良品であったのは間違いないのでしょうが、その後の訳の判らなかったトラブルは自分の確認不足が起因していた訳で・・・

BI●STARのマザボよ! 君を疑ったりしてすまなかった!ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

そう言えば昔にAMDのK6を搭載してたsocket7のマザボから、penⅡのスロット1のマザボに交換した時も同じように電力不足で電源を交換した事があったっけ。
私は10年以上前から全く成長してませんねぇ・・・(汗


とりあえず450Wの新しい電源を発注しましたが、新しい電源に変えたらちゃんと使えるようになるかな~?
これでも動かなかったらもうお手上げでございます。(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 ●USB出力の電池ボックス

共立エレショップで電子部品をちょこっとお買い物した時に 『 1個180円 在庫限り 』 となっていたこの電池ボックスに妙に惹かれて、他のパーツと共に一緒に買ってしまいました。Usb_batterybox

単三電池4本を収めるスイッチ付の電池ボックスですが、普通の電池ボックスと明らかに異なるのが出力端子。
電池電源の出力端子がUSBコネクターAタイプになっている、ちょっと変わったヤツです。

私はこーゆーなんだかどうしょうもない雰囲気のオーラを放つ小物が大好きなんですよね。(笑)

買ったは良いけど、何に使うかは決めてません。
つか、何に使えるんだろ?(^^;)

やっぱり 『USBおもしろグッズ』 の電源として使うのがこの電池ボックスの本来の目的でしょうか?

『USBおもしろグッズ』 も数年前のブームの時に色んなモノが発売されましたよね~

『USB LEDライト』 なんかはまだ実用的かなとも思うのですが、『USB扇風機』 あたりで《?》マークが頭を過りはじめ、『USB座布団』 や 『USB温冷機』 で苦笑がもれ、『USB流しそうめん器』 にいたっては頭が爆発しそうになりました。(笑)

この電池ボックスの有効な使い道を知っておられる方、もしくは面白そうな使い方のアイデアのある方がおられましたら、ご一報ください。(^ー^;)


今さっき共立さんのサイトを確認したら、この電池ボックスは売りきれたのかリストから消えておりました。
秋月電子さんではまだ取り扱っておられるようですので、これに興味のある方は是非!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 電化製品破壊指令発動中?

ドスパラのサポートから新品のマザーボードが送られてきました。
んがしかし、やっぱり交換してもらったヤツと同じように 『CrashFree BIOS』 が立ち上がり、メーカーのロゴすら今だに拝めておりません。(^^;)
こりゃ電源に問題があるのかもしれませんねぇ・・・

今までにもパソコン関係のトラブルって結構経験してきましたけれど、今回のような原因が特定できない意味不明な症状が連続した事が無かったもんですから、正直ウンザリしてます・・・

もう最近のパソコンパーツの事情も訳がわからなくなりつつあるので、これを契機にパソコン弄りから卒業しようと、完成品 (と言ってもパーツショップのショップブランド) の新しいパソコンを物色しておりましたら、自宅の冷蔵庫が壊れました。

んな訳で、パソコンの購入資金は冷蔵庫に化けてしまい、また当分の間は古いWin98マシンで息継ぎをする事になりそうです。(苦笑)


そう言えば、一昨日には仕事場の照明が2~3個連続して壊れましたし、今年に入ってから仕事場・自宅に限らず電化製品が次々と壊れまくっていますねぇ・・・

う~ん、、、お金がいくらあっても足りないよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 これって、どのくらいの確率で起こる事しょうか?(^^;)

先日交換したBI●STARの マザーボード、やっぱりまたキーボードを認識しなくなりました。
突っ込んである古いメモリーが悪さをしてるような感じですが、トラブル続きでもうウンザリしてきたので新しいマザボをまた購入しました。

TWOTOPからドスパラに変えて、昔パソコンの自作・改造をよくしてた頃の私の中では定番だったAS●STeKのマザーボードをチョイス。Minomusi

早速筐体に組み付けて電源を入れると、いつもの見慣れたセルフチェック画面が出てこず、今まで見た事が無かったメッセージが出てきます。
付属の説明書を見てみると 『CrashFree BIOS 』 というユーティリティが動作したときの画面のようです。
『CrashFree BIOS 』 ってマザーボードのBIOSが損傷した時にオリジナルのデータに書き戻してくれる機能だそうでして、つまり新品なのに既にBIOSが壊れてるって事か?

とりあえず電源を落として再起動すると今度は 『CrashFree BIOS 』 が立ち上がるどころかビープ音すらせずにモニターがブラックアウトしたまま全く反応しません。

ドスパラのサポートに電話相談しましたが、どうも 『初期不良』 のようで、このマザーボードもサポート送りになりました。(^^;)

今まで買ったパーツが初期不良だった経験は無かったのですが、今回は2連発で初期不良のパーツに当たっちゃいましたねぃ・・・
販売店を変え、メーカーや商品を変えて、それで2回連続で初期不良のブツに当たる確立ってどの程度なんでしょ?(苦笑)

マザボの交換を何度も余儀なくされているこのパソコン、最初からあまり調子がよくなく、購入1年も経たずして起動すら出来なくなったモノでした。
今回の初期不良2連荘とあわせて考えると、このパソコンには貧乏神が住み着いてるとしか思えない!
それとも私自身の運が悪いのか?(^^;)

あ~ぁ、修理しようなどとは考えず、新しいパソコンを買ったほうが良かったかなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 とりあえず

今日は一発でキーボードを認識してくれて今のところ問題なくパソコンは使えております。
ま、それが普通なんですが・・・(^^;)

オーディオの入出力はドライバーが端子の抜き差しを監視ているようで、プラグを差し込むとちゃんと認識してくれましたのでちょっとホッとしてます。

ただ、オシロのソフトですが、ハンディーオシロスコープは問題なく動作してくれたのですが、神奈川県立総合教育センター『オシロスコープ』が動作しません。(T^T)

どうもオーディオ関係のドライバーが上記のとおり端子の抜き差しを監視している関係からか、入力デバイスをソフトが確認できないようでエラーが出ちゃうんですよねぇ・・・

個人的にはこっちのソフトのほうが気に入っていたので残念です・・・

でもまぁ 『ハンディーオシロスコープ』が使えるようにはなったので、とりあえず良しとしておきましょう。


Minomusi 《今日のお買い物》

近所のダイソーでは今まで見かけなかった 『わに口クリップ』 が入荷していたので買ってきました。

これって模型工作でも電子工作でも役に立つ小物なんですよね~♪

小さいものが8個とちょっと大き目のものが4個入って105円は安い!
電子パーツショップで買うと安くても小さいので20円程度しますから得した気分になります~

最近、こういう小物や道具ばかり買い込んで、肝心の模型工作をほとんどやっていないような気もします・・・(^^.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 訳が判らん・・・

キーボード&マウスを認識してくれなくて困った事になっていたマザーボードですが、何故?というか、やっぱり(^^.)と言うべきか、TWOTOPのサポートセンターでは正常に動作していて不具合の原因は検証不能で帰ってきました。

もう一度このマザーボードを組み込んで電源を入れると、やっぱり家ではキーボードを認識してくれません・・・

一度認識してくれた時は何度も再起動してたなと思い出し、根気よく再起動を繰り返していたら突然キーボードを認識してくれるようになりました。

感覚的には 『温まってきたら動き出す』 みたいな感じですねぃ。(^^.)

今のところ正常に使えておりますが、また明日になったら前と同じように使えなくなりそうな予感がしないでもない。(苦笑)

あと背面のオーディオの入出力端子がこれまた正常に認識していないようでして、こちらも困ったことになっています。
なんせオーディオの入力が機能しないとオシロスコープのソフトが使えないんですよねぃ・・・

やっぱり別のマザーボードに買い変えようかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »