«  ◇NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その後~ | トップページ |  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 1 »

 こいつも現役 CAMEDIA C-1400XL

NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その1~の冒頭で書いたように、私は気に入ったものを長く使い続ける傾向があります。
特にカメラはその傾向が強いみたいです。(^^;)

デジタルカメラの中で、まだ現役として使っているモノで一番古いのは141万画素の一眼レフタイプデジカメ OLYMPUS CAMEDIA C-1400XL

C1400xl141万画素という数字だけ見れば性能不足な印象は拭えませんが、大きな2/3インチCCDと7群7枚の明るく精度の良いレンズを搭載してますので、画素数だけは大きい500万画素クラスの携帯電話にはもちろんの事、ヘタな最近のデジカメと比べても画質的に大きく負けているとは思ってません。

私の個人的なwebサイトやこのブログで掲載している写真の9割以上は、この1400XLで撮影したものなんです。

ブログ用には1280×1024ピクセルのSHQで撮影して、フォトショップで640×480ピクセルにトリミング・リサイズ・画質調整をしてますが、そんなに悪くないでしょ?(贔屓目すぎる?...^^;)

ただ、どうしても気に入らない部分はやっぱりありまして、一眼レフタイプの光学式ファインファーを持っているのに、ピントがちゃんと狙った所にに合っているかがファインダーでは正確に確認できないところと、メモリーカードですねぇ。

ファインダーの欠点は本体の液晶モニターを併用すれば事足りるんですが、最大で32MBのスマートメディアしか使えないのは何ともフォローのしようが無く、しかも今まだ手元で生き残っているスマートメディアは16MBの1枚だけでして、外にでて撮影に使用する用途はかなりキビシイっすね。(^^;)

そんな訳で、現在は模型の製作工程や完成した時の記録に使っているだけなんですが、こいつもまだまだぶっ壊れるまで使うでしょう。(笑)

|

«  ◇NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その後~ | トップページ |  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 1 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/45748079

この記事へのトラックバック一覧です:  こいつも現役 CAMEDIA C-1400XL:

«  ◇NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その後~ | トップページ |  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 1 »