«  残念な天気ながらも・・・ | トップページ |  こいつも現役 CAMEDIA C-1400XL »

 ◇NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その後~

☆このエントリーは「NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その3~」の続きです。
─────────────────────────────>>

とりあえず完成したD1X用のEN-4改造外部バッテリーアダプターですが、ずっと心に引っかかっていたのが撮影時の必要電流です。

ピークでも1Aを超える事はないだろう』 と、定格12V1AのDCプラグ/ジャックを使用しましたが、本当に大丈夫かどうか不安でしたのでテスターで測定してみました。D1x019

電源スイッチをONにしてスタンバイ状態で0.6~0.7A.。
何もしていない状態が続くともっと消費電流は少なくなりますが、それでも思った以上に消費してます。

シャッター半押しでオートフォーカスのモーターが駆動した時に、モーターの駆動時間にもよりますがピークで0.86A程度の電流が流れ、シャッターを切った時には1.5~2.3A近くの電流が流れておりました!
◆補足:測定に使用したデジタルテスターの特性上、瞬間的なピーク電流は測定できませんので、上記の値は最大消費電流量を示すものではありませんです。(^^;)

DCプラグ/ジャックの定格は余裕が持たせた数値にはなっていますので、電圧も8V弱でしたから電力量はなんとか許容範囲内とは思いますが、良い状態とは言い難いですね・・・

D1x018やっぱりDCプラグ/ジャックを、もうちょっと容量に余裕のあるものに換えてやる事にします。
(やっぱり後から引っ剥がせるグルーガンでDCジャックを固定してたのは正解でした♪)

DCジャックは以前に別のパーツが必要になった時に数あわせで買った内径2.1φ定格20V4Aの基板取り付けタイプの物に、DCプラグもジャックと同程度の定格の物にしたかったのですが、残念ながら手に入らなかったので12V2Aの物で妥協しました。
ジャックは最大で10A、プラグも最大5Aまでは大丈夫のはずですので、定格12V1Aの最初のものよりは良いでしょう。

D1x017いや、実はこの改造に取り組む時に最初からこのDCプラグ/ジャックにしようと思っていたのですが、このDCジャックが基板取り付け用で四角い取り付け穴を作らなければならず、面倒くさかったので、丸い取り付け穴を開けるだけでよかった内径2.5φのDCジャックを採用しちゃってたんですよね・・・

楽をしようと思って結局2度手間・・・ アホですね。(^^;)


さて、この充電式エボルタを使ったアダプターで何枚くらい連続撮影が可能かのテストをしてみました。

テスト前にちょこちょこカメラを動作させて遊んでおりましたので、満充電状態からのテストではないため、本来の性能を出し切っていないとは思いますが、個人的には満足な結果がでました。

テストは1GBのマイクロドライブを使用し、フォーカスは固定、画像サイズ3008×1960ピクセルJPG形式、画質モードFINEの設定で1秒1ショット間隔、バッファが 一杯になったらデータの記録が完全に終わるまで待機してから撮影再開、メモリーカードが一杯になったらフォーマット、と言う手順で行いまして、4回のフォーマット含め て約1500カットは撮影できました。

撮影後にカメラの液晶モニターでの画像確認は一切してませんので、画像確認しながらの撮影では結果が大きく違うでしょうし、実際に撮影に持ち出した時の撮影可能枚数はもっと少なくなると思います。

電池切れでレリーズロックがかかったときの電池電圧は無負荷で7.5V程度になってましたので、維持電圧がエボルタよりもちょっと高いエネループなら、もう少し撮影枚数は伸びたかもしれません。

ただ、実際に撮影に使う時はこれほど一度に多量に撮影する事もないんで、エボルタでも全く問題ないんじゃないかな?

ケーブルがカメラからぶら下がってましても撮影時はそれほど気にならず、DCプラグでカメラ側でコードを取り外せるようにしたので使い勝手も悪くありません。

D1x020 電池ホルダーは携帯電話ポーチにすっぽりと収まるのですが、近くのダイソーでは使い勝手の良さそうなものはこんな色しかなく、赤色の目立つコードとの組み合わせは、まるで信号機です。(ーー;)

黒色の大き目のものはニンテンドーDSがすっぽり収まる大きさで、コードも一緒に収納可能で容量的には何の不満も無いのですが、マジックテープでベルトをしたまま取り外しが可能な携帯電話用のポーチと違ってベルト通しが縫い付けられており、脱着に少々何あり・・・

DCコードと携帯ポーチ、もっといいのを探さねば・・・


今回の改造で使用したパーツ&価格は以下のとおりです。

パーツ名 購入金額 購入店
充電式エボルタ4本セット 1580円 ジャスコ(アマゾンで買ったほうが安い...^^;)
充電式エボルタ2本セット 880円 同上
2.1φDCジャック 25円(4個100円) 秋月電子通商
2.1φDCプラグ 105円 共立エレショップ
単3電池ホルダー 400円 秋月電子通商
2.5φのモノラルプラグ/ジャック 購入金額不明 購入店・購入時期不明
DCコネクター 購入金額不明 購入店・購入時期不明
合計 2990円

購入金額が不明な古いパーツやケーブル類は単価を出すのが面倒だったので割合しましたが、大体EN-4互換バッテリー1個分程度の価格で作れたようです。

電池がヘタってきても、量販店ならどこでも売っている入手性の良いエボルタかエネループに交換するだけですから、互換バッテリーを複数買うよりは経済的かな? なんて思っております♪
またエネループでもどれだけ撮影できるかのテストをしてみたいな。

デジタル一眼レフカメラとしては、デカくて重くて、もう既に“クラシックカー”とも言えそうなD1Xですが、まだまだコキ使ってやるつもりです。(笑)


|

«  残念な天気ながらも・・・ | トップページ |  こいつも現役 CAMEDIA C-1400XL »

写真・カメラ」カテゴリの記事

模型・諸々 製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/45696625

この記事へのトラックバック一覧です:  ◇NikonD1X用EN-4バッテリーの改造 ~その後~:

«  残念な天気ながらも・・・ | トップページ |  こいつも現役 CAMEDIA C-1400XL »