«  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 6 | トップページ |  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 7 »

 パーソナルフライングマシン!

いつも巡回しているWIRED VISIONで紹介されていた『人間ホバークラフト』

なんだそれ?と見てみたら Martin Jetpack というフライングマシンでした。

_martinjetpack006_2

Image credit: Martin Aircraft

この『ジェットパック』のメーカーのサイトを見てみますと、2000cc V4 2ストローク 200馬力のレシプロエンジンを動力にダクテットファンを駆動して飛行(浮揚?)するようです。

この構造でメーカーのように  “ジェット”  の文字を加える事には確かにちょっと抵抗がありますが、WIREDの “人間ホバークラフト” って表現もどうかと思います。(^^;)

しかし、個人的にはこ~ゆ~モノには不思議と惹かれてしまうんですよねぇ♪

このジェットパックはまだテスト段階らしく、個人への販売に関しては早期注文受付を2010年後半ごろに開始(予定) だそうです。

販売価格はおいくらになるんなんでしょうか?
ま、安くても新品のハイブリッドカー1台分の価格を下回ることはないでしょうし、そんな事に使える
お金はありませんけどね・・・。(ρ_;)

.
この手のフライングマシンとして他に思いつくのはロサンゼルスオリンピック開会式にも登場した“ロケットベルト”。
007シリーズでもジェームス・ボンドが使ってた記憶がありますが、いつの作品だったかな?

こっちは触媒(過マンガン酸ナトリウム)をつかって過酸化水素から酸素と水蒸気の混合ガスを発生させ、それを噴射して推力を得てますので、構造がシンプルで前述のジェットパックより小型軽量。

でも、このロケットベルトは推進剤の量が少なく、21秒しか推力を維持できないので飛行中は推進剤の残量計から目が離せないらしいです。
実際、飛行時間は安全を考えて18秒に限定されていたとか。

ま、推進剤が切れれば、その時点の高度からそのまま地面に向かって落下してしまいますものね。(^^;)

ジェットパックはロケットベルトよりは航続性能に充分な余裕があるようですが、どちらにしろヘリコプターやV/STOL機で言うところの 『バックサイドの領域』 を飛んでいる訳で、やっぱり危険は伴います。

日本でも GEN H-4 と言う一人乗りのパーソナルヘリコプターが開発・販売されてますが、価格は600万円!
もちろんヘリコプターとしては安いのですけれども、ポンと出せる金額じゃないっすよねぇ・・・

もっと気軽に空を飛べるようになる時代が早く来て欲しいなぁ。。。(  ̄- ̄)


※ 先日のHTV/H-IIB関係や日食などの宇宙やロケットに関するエントリーが増えてきたので、本エントリーを含めて、とりあえず 【飛行機・ロケット・宇宙】 のカテゴリーにまとめ直してみました。

|

«  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 6 | トップページ |  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 7 »

航空・宇宙関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/46316109

この記事へのトラックバック一覧です:  パーソナルフライングマシン!:

«  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 6 | トップページ |  ◆F-86F フジミ(1/72) 製作記 / 7 »