«  アポロの超合金 | トップページ |  新 ・ 製作記としてまとめるほどでもない作業 (^^;) »

 HTV、ISSから離脱 & アレスI-X打ち上げ

ISSにドッキングしていたHTVが42日に渡る係留を終えて切り離されました。

Htv1_unberth_06_l_2Courtesy of JAXA/NASA

このまま順調に行けば11月2日午前6時25分頃に大気圏に突入して焼却廃棄される予定だそうです。
まったくのノントラブルだったHTV1号機ですので、大気圏突入も予定通りに行われるでしょう♪

このまま2号機以降も順調な運用が続いて、試料回収用の再突入カプセル付タイプの開発、最終的には有人カプセルを搭載した宇宙船へと進化していって欲しいですね♪

まぁ、日本の有人宇宙船打ち上げに関しては、技術的な事よりも、その他の事で色々と問題がありそうなんで簡単には実現しないだろうなとは思いますが・・・

ちなみに10月31日から11月2日にかけて、再突入前のHTVを肉眼で見るチャンスがあるそうなので、観測可能な地域にお住まいの方は是非観測してみてください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20095959ss有人宇宙船と言えば、アメリカでスペースシャトルの後継機となる予定のオリオン宇宙船打ち上げ用に開発が進められているアレスIの打ち上げ試験機の「アレスI-X」が日本時間10月29日0時30分に打ち上げられましたね。
Courtesy of NASA

第1段目の動作と2段目との分離機構のテストが目的だったので2段目以降はダミーでした。397847main_aixfloating226_s
NASA TVで打ち上げの中継を見ていましたが、1段目と2段目以降のダミーを分離する時にロケットが折れるように切り離されたので実験失敗かと思ったのですが、管制センターで拍手が起きたので折れ曲がるように分離するのも予定通りだったんだなとホッとしましたよ。(^^;)

第1段目はシャトルの固体ブースターの改造型で、こちらもシャトル打ち上げ時と同じようにパラシュートで降下速度を落として海面に着水、回収・再利用されるそうです。

Courtesy of NASA

テストは成功を収めましたが、アレスIの先行きはかなり不透明ですので、もしかしたらこのテスト機がアレスIの最後の打ち上げになる可能性も・・・

アレスIの第1段目ではありませんが、シャトルの固体ブースターに付けられたカメラから撮影された動画がYouTubeにありました。
分離されたブースター本体が回転しながら落下していく様や、着水時の映像がなかなか興味深かったです。

ブースターが分離された際に燃料タンクを抱えて上昇していくシャトル本体の姿がチラッと映りますが、これが私的にかなり萌えなカットでした。(笑)

|

«  アポロの超合金 | トップページ |  新 ・ 製作記としてまとめるほどでもない作業 (^^;) »

航空・宇宙関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/46629762

この記事へのトラックバック一覧です:  HTV、ISSから離脱 & アレスI-X打ち上げ:

«  アポロの超合金 | トップページ |  新 ・ 製作記としてまとめるほどでもない作業 (^^;) »