«  「はやぶさ」エンジン再始動! | トップページ |  メアド収集ロボットに対する実験など »

 ◆F-8E クルセイダー (1/72)ハセガワ 製作記 / 2

☆このエントリーは「F-8E クルセイダー (1/72)ハセガワ 製作記 / 1」の続きです。
─────────────────────────────>>

風邪をひいてしまい、なかなか作業を進める事ができません・・・(´;ω;`)ウウ・・・

焦らずゆっくり慎重に、と思ってちょっとずつ進めていたスジ彫りですが、彫り進めて集中力が切れてきたあたりの線はヨレヨレになってます。(^^;)
頑張ってリカバリーしなくっちゃ・・・

さて、今回もいつも通り飛行状態で製作しようと思っておりますが、クルセイダーの特徴と言えばやっぱり可変取り付け角機構を持った主翼! 

主翼を持ち上げた特徴的な姿を再現したいなと思いましたので、フラップ類は全部着陸ポジションまで下げた状態にして、脚と着艦フックをだらりとぶら下げ、甲板に向けてアプローチ中の姿を再現したいと思います~♪

Image credit: airliners.net
※ この写真はフランス海軍のF-8E(FN)ですが、デカールが付属してるアメリカ海軍のVF-162所属機にする
予定です

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

飛行状態で固定する為にスタンドから伸びるアームを差し込む軸受けをいつものように仕込みますが、今回は脚を下げた状態にするので、軸受けの設置位置を工夫する必要がありそうです。

主脚とアレスティングフックにアームが被って見た目がゴチャゴチャしないような位置となると、ベントラルフィンの付け根あたりしか良さげな所はなさそうです。F8e_05

しかし、こういう中心線からも重心点からも大幅にずれた位置に支点を持ってきた場合、いろいろ問題が出てくるんですよねぃ・・・

いつものような円柱形の真鍮棒1本だけの支持では自重でねじれるような力が働いちゃって意図したポーズで安定しませんし、軸受けから重心点が離れているとテコの原理が働いて軸受けの固定部分に強めの力が加わり続けると思われます。

この状態で軸受けを機体に直接固定すると、無理な力がちょっとでも掛かれば固定部分を中心にプラが割れちゃうかもしれません。

とりあえず、今回はアームを2本にしてねじれを防ぎ、銅体内に“背骨” を挿入して、軸受けをその背骨に固定する事で軸受けにかかる力を多少でも分散させ、機体の一部分だけに加重が掛かり過ぎないようにしようと思います。F8e_04

背骨にしたのはABS樹脂製のプラパイプ。

このパイプが機体の中心を通るよう胴体の主翼取り付け部分と主脚庫の内側を削り、胴体のパーツで挟み込めるようにしました。

F8e_06軸受けはいつもの3mmの銅パイプを使い、機体中心から横にオフセットした位置にプラパイプの表面と裏面にもエポキシボンドをたっぷり使ってガッチリ固定しました。

見た目はなんだか汚らしいですが、組み込んじゃえば見えません!(^^;)

F8e_07コクピット周りを含めて胴体を接着するまでに組み立てておかねばならん部分がありますので、今はまだ背骨パイプの接着はせずにフィッティングだけ行っておきます。

F8e_08

テープで仮組みしてアームを付けて試した感じでは、胴体のパーツに軋みや歪みも出なかったんで、思惑通りに加重を分散できたのではと思ってます。

ただ、ほんとに強度的に問題ない範囲に収まったのかどうか、正確には判りませんが。(^^;)

とりあえずコレで基本部分の工作は終わったので、次はやっと機体の本製作に取り組めそうです。

しかし、今回のエントリー、飛行状態で製作しない普通のモデラーさんには 「なんて無駄な事をやってるんだ。」 って思われそうな内容しかありませんですねぇ… (=´Д`=)ゞ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Pipeさて、背骨に使ったこのパイプ、かなりカラフルな色をしておりますが、元はダイソーで売っていた 『 編み棒 』 です。(笑)

今回使ったのは銅体内にがっちり挟み込めるように12mm径のものをチョイスしましたが、その他にも色々な太さのものがありましたんで、また何かに使えるだろうと他の径のモノも数種類買ってしまいました。
特に目的も無く 『何かに使えるかも』 と思って買ったものは、結局何にも使わない という法則が当てはまらない事を祈っております。(^^;)


|

«  「はやぶさ」エンジン再始動! | トップページ |  メアド収集ロボットに対する実験など »

模型・諸々 製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/46748511

この記事へのトラックバック一覧です:  ◆F-8E クルセイダー (1/72)ハセガワ 製作記 / 2:

«  「はやぶさ」エンジン再始動! | トップページ |  メアド収集ロボットに対する実験など »