« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の11件の記事

 『量子論』って、人の心の動きに似てる・・・かも?

先日、某ショッピングモールの本屋さんに行った時、小3の娘が「これが欲しい!」と私のところに持ってきた本。

娘は『量子論』に興味があった訳ではなく、表紙の可愛い女の子のイラストが気に入っただけなんですが、もしこの歳でホントに『量子論』に興味を持っていたとしたら、別の意味で怖いけど。(^^;)

価格が500円とお手ごろだったし、萌え系まんがで量子論をどう説明してるのかも興味があったので買ってみました。

お話は あいりちゃん と言う謎の(笑)女の子が、ユウキくんという男の子に『量子論とはどういうものであるか』を説明していく形で進みます。

昔からよくある<マンガでわかる○○!>みたいな形式ですね。

正直なところ、最初の段階ではこの女の子がユウキくんに量子論の説明を始めたの理由が全く判らず、ストーリー展開はかなり無理があるなって印象でした。
※親しげに近づいてきるカワイイ女の子の話を、下心を持ってフンフンと聞いているユウキくんの気持ちはよく理解できましたが。(笑)

量子論の説明に関してはありきたりで新鮮みに欠けるんですが、第8章の『量子の天気予報』は、キャラの感情の動きと量子論の概念がうまく溶け合いかけていて、この本全体の中で一番良かった。

この調子で最初からストーリーが展開してれば、量子論の取っ掛かりとしてはかなりの良書になったと思うんだけどな~

でも、言葉だけで理解しようとすると、とても難解になる量子論が、人の心の動きと重ねると、意外と入り込み易くなると言うのは発見でした。

興味のある人は、とりあえず本屋さんで立ち読みでもしてください。(^^;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

個人的には量子論の取っ掛かりとしては、こちら↓がおすすめです。

「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

 DCAM2は、がんばりました!

006_004 『イカロス』から放出されたカメラユニット<DCAM2>が撮影した映像がイカロスを通じて地球に送られてきました。

広角レンズを使っているので、かなり『イカロス』の姿が歪んでしまっていますが、きれいに展開されたソーラーセイルがしっかりと写っています♪
Image credit: JAXA


『イカロス』は、私の今一番のお気に入り宇宙機です。

打上げの時、『あかつき』は失敗したとしても、『イカロス』だけは成功して欲しいと周囲に漏らしていたほど。(苦笑)

今月はこのブログの更新頻度が『はやぶさ』『イカロス』に引っ張られてとても高い状態が続きました。(笑)

でも、宇宙機ネタもこれでひと段落。
辛い事からの現実逃避も、これで一旦終了。

私もがんばって新しい航海をはじめなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 『はやぶさ』のカプセル回収! そして『イカロス』

Capsule

『はやぶさ』の形見とも言うべき回収カプセルは設計どおりビーコンを発信して、パラシュートを開き、ほとんど破損のない状態で回収に成功したようです♪
Image credit: JAXA

耐熱シールドも発見に成功したようですので、こちらも滞りなく回収されるでしょう。

NASAはこれから作られる探査機のために、この耐熱シールドのデータが欲しいらしいですね。(^^;)

回収カプセルにイトカワの土壌が格納されているかは、9月までにはっきりするでしょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『はやぶさ』くんの大気圏突入を中継してくれるTV局はありませんでしたが、NHKの14日午前1時のニュースで、とてもきれいな映像で『はやぶさ』の光 跡を見せてくれました。

その時のニュースではありませんが、こちらでその映像を見ることができます

『はやぶさ』がバラバラになりながら燃えていく様には、なんともいえない悲しさが湧き上がりましたが、その傍らでまっすぐに突き進む回収カプセルの炎には強い希望を感じました。

この回収カプセルにサンプルが確認されていなかったとしても、これからの日本の探査機の“たまご”となるのは間違いはないと思います。

ただ、『はやぶさ2』の予算は昨年ほとんどないくらいのレベルまで削られています・・・
日本はGDPの2倍程度まで借金が増えてしまってい ますし、これからどうなることやら・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Pic_10_l 『はやぶさ』くんの冒険物語はハッピーエンドを迎えましたが、これから新たな目標に向かっている『イカロス』もがんばっています!
Image credit: JAXA

『イカロス』に搭載された2つのカメラユニットの内のひとつ<DCAM2>が、本日イカロスから飛び出しました。

放出された<DCAM2>は搭載電池の容量の関係で15分程度しか動作しませんが、帆を広げた『イカロス』の全景を撮影します。

<DCAM2>が撮影した映像は、『イカロス』を通じて明日以降に地球に届くはずです。

太陽光で加速を試みる世界初のソーラーセイル実証機『イカロス』
『はやぶさ』の志を受け継いで、がんばって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 おかえりなさい 『はやぶさ』

Hayabusa_jaxa

おかえり~

和歌山大学 宇宙教育研究所のUSTREAMでの中継で『はやぶさの帰還』を見守っておりました。

回線は途切れ途切れでしたが、モニターに映し出された『はやぶさ』と回収カプセルの大気圏突入の光跡はとても美しかった。

画面サイドのチャットでは 「回収カプセルのパラシュート展開成功!ビーコン受信!」 との情報がありましたが、現時点(2010/6/13/23:20)ではそれが真実がどうかはわかりません。

でも、『はやぶさ』が地球に帰ってきた事だけは間違いありません。

『はやぶさ』を製作・運用してこられた関係者の皆様、本当におめでとうございます。

HAYABUSA re-entry : USTREAM

続きを読む " おかえりなさい 『はやぶさ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 はんだづけカフェ

Photo 「電子工作人口を増やしたい」 工具は無料、電子工作作れる「はんだづけカフェ」:ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/11/news042.html

いや~、これはいいですね~♪

電子工作の趣味って、ひとりで部屋に篭ってやってる人が圧倒的多数だと思うんですが、同じ趣味の仲間に教えてもらいながら実験とかできて楽しそうです。(^^)

まだはんだコテの数も少ないようですが、これからオシロスコープや3Dプリンター、レーザーカッターなどの設備も増やしていかれるようですので楽しみですね。

でも、私の自宅から通える距離にはありませんけど…(^^;)
カラオケボックスのように街のあちこちにこんなのが有ればなぁ~(苦笑)

プラモデルなどの模型工作でも、エアブラシで塗装するさいの【塗装ブース】を備えた、『模型カフェ』なんてものが近くにできたら絶対利用させてもらうんですけどね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 やったぜ!『イカロス』ソーラーセイル展開成功!

相変わらず模型ネタはありませんが、『はやぶさ』くんの帰還までは宇宙機ネタで忙しいです。(笑)
20100611_ikaros_4_j

ソーラーセイルの一時展開中に若干の不安要素がありましたが、ソーラーセイル実証機『イカロス』がそのセイルの完全展開に成功しました!

最初の目標は無事に達成できましたので、これから半年をかけてフルサクセスを目指す事になります。
Image credit: JAXA

いや~、めでたい!

まだまだ旅の途中にある『あかつき』『イカロス』も、『はやぶさ』のように任務を全うするように、これからも頑張ってもらいたいですね。

トラブルだけは受け継がないようにしてもらいたいですが・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 『はやぶさ』、ホントに最後の軌道修正が終了

Fig1 前回の軌道変更マヌーバで大気圏突入軌道には入っていた『はやぶさ』くんですが、正確に着陸想定区域、オーストラリアのウーメラ実験場への精密誘導が完了したようです。
Image credit: JAXA

いよいよです。

『はやぶさ』くんと回収カプセルが大気圏に再突入するのは6月13日の23時ごろ。

再突入時の光跡は現地でしか観測できませんが、13日の日没後には『はやぶさ』くんは日本から何とか望遠鏡で観測できる可能性があるそうです。

私の住居近くでは山と街の強い街灯が邪魔をして観測できませんが、観測可能な方は是非とも『はやぶさ』くんの最後の姿を見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 『はやぶさ』が家にやってきました!

Hayabusa00

昨日、いつもお世話になってる模型屋さんから予約してあった『はやぶさ』のキットが入荷したとの連絡を頂き、早速引き取りにいってきました♪

今のところ模型を作る時間はなかなか取れないし、製作に取り掛かれるのは『はやぶさ』が帰還を果たした後になるのは判っていたので、引き取りにいくのも焦る必要はなかったんですけど、どうしても早く手元に置きたくて。(笑)

かなり久々に手に入れるだけでもドキドキさせてくれたキットです♪

良い意味でこういうモノの製品化を企画して、しかもその企画を通してしまうアオシマさんの“アマチュア的”なこの感覚には、尊敬の念すら抱いてしまいます。

このアオシマさんの<スペースクラフトシリーズ>、次作はHTVではないかとウワサされてますが、何が発売されてもすべて購入しようと思っております。

私みたいな何の力もないユーザーは、製品を購入することしか頑張ってるメーカーさんを応援する方法がありませんからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 また宇宙機ネタです。(^^;)

模型などの工作をメインにするつもりではじめたこのブログですが、工作ネタがこの1~2ヶ月全くありませんね。(苦笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日打ち上げられた 『イカロス』 ですが、ソーラーセイルの1次展開が6月4日から開始されましたが、1次展開2日目完了時の状態が予測と少々異なる動きを見せたようです。

慎重に進める為に若干作業の進行が遅れそうですが、あわてる必要はありませんし、ミニマムサクセスをまずは無事に達成して欲しいものですね♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最近は『はさぶさ』くんのことばかり気になっているのですが、その『はやぶさ』くんのプラモの組み立て解説の動画をアオシマさんは作ってたんですね~(今日はじめて知りますた...^^;)

キット自体の組み立ては簡単に済みそうなんですが、『はやぶさ』くんの本体の金色フィルムと太陽電池パネルの光沢感をいかに再現するかが悩ましい問題です・・・

あと毎日新聞の記事で知ったのですが、1/1スケールで『はやぶさ』くんを作った人もおられるんですよねぇ~

もう、その心意気に脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 あ、もう一回残ってたんだった(^^;)

先日のエントリーのタイトルを『最後の・・・』と書いてましたが、はやぶさくんのほんとの最後の軌道変更はもう一回あります。
思いっきりフライングでしたね。(^^;)

とりあえずTCM-3は無事終了したようです。
ほっとすると同時に、『はやぶさ』くんの最後が待っているかと思うと、やはり寂しくもあります・・・

アオシマさんのはやぶさのプラモデルは予定通り出荷が完了したそうです。
早く手に入れたいなぁ~♪
・・・とは思うのですが、作る時間が取れるのは『はやぶさ』が帰還してからになりそうなのが残念であります・・・(ノд・。)

Falcon9flight1 さて、アメリカではシャトル退役後の物資・人員輸送の中核を担う、民間開発のブースター&宇宙船、ファルコン9ロケットとドラゴン宇宙船のテスト機の打ち上げが成功したようです♪

私がファルコン9で好きなところは、エンジンを9個クラスター化した第一段目です~♪

エンジン単体は使い古された技術や構造らしいのですが、9個束ねることで日本のH-2A並みの打ち上げの能力を確保してます。

やっぱり新しい宇宙船が開発されていく様を見ているのはワクワクします。o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 『はやぶさ』最後の軌道変更開始!

本日5月3日PM12:00に『はやぶさ』の軌道変更マヌーバTCM-3が始まりました。
順調に行けば5日には軌道変更が完了して、いよいよ地球大気圏への突入軌道に入ります。

2日にはオーストラリアが『はやぶさ』の帰還カプセルの同国内への落下に対しての許可が出ましたし、なんだかそわそわしてきます。(笑)

100531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »