«  おかえりなさい 『はやぶさ』 | トップページ |  DCAM2は、がんばりました! »

 『はやぶさ』のカプセル回収! そして『イカロス』

Capsule

『はやぶさ』の形見とも言うべき回収カプセルは設計どおりビーコンを発信して、パラシュートを開き、ほとんど破損のない状態で回収に成功したようです♪
Image credit: JAXA

耐熱シールドも発見に成功したようですので、こちらも滞りなく回収されるでしょう。

NASAはこれから作られる探査機のために、この耐熱シールドのデータが欲しいらしいですね。(^^;)

回収カプセルにイトカワの土壌が格納されているかは、9月までにはっきりするでしょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『はやぶさ』くんの大気圏突入を中継してくれるTV局はありませんでしたが、NHKの14日午前1時のニュースで、とてもきれいな映像で『はやぶさ』の光 跡を見せてくれました。

その時のニュースではありませんが、こちらでその映像を見ることができます

『はやぶさ』がバラバラになりながら燃えていく様には、なんともいえない悲しさが湧き上がりましたが、その傍らでまっすぐに突き進む回収カプセルの炎には強い希望を感じました。

この回収カプセルにサンプルが確認されていなかったとしても、これからの日本の探査機の“たまご”となるのは間違いはないと思います。

ただ、『はやぶさ2』の予算は昨年ほとんどないくらいのレベルまで削られています・・・
日本はGDPの2倍程度まで借金が増えてしまってい ますし、これからどうなることやら・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Pic_10_l 『はやぶさ』くんの冒険物語はハッピーエンドを迎えましたが、これから新たな目標に向かっている『イカロス』もがんばっています!
Image credit: JAXA

『イカロス』に搭載された2つのカメラユニットの内のひとつ<DCAM2>が、本日イカロスから飛び出しました。

放出された<DCAM2>は搭載電池の容量の関係で15分程度しか動作しませんが、帆を広げた『イカロス』の全景を撮影します。

<DCAM2>が撮影した映像は、『イカロス』を通じて明日以降に地球に届くはずです。

太陽光で加速を試みる世界初のソーラーセイル実証機『イカロス』
『はやぶさ』の志を受け継いで、がんばって欲しいです。

|

«  おかえりなさい 『はやぶさ』 | トップページ |  DCAM2は、がんばりました! »

航空・宇宙関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/48629821

この記事へのトラックバック一覧です:  『はやぶさ』のカプセル回収! そして『イカロス』:

«  おかえりなさい 『はやぶさ』 | トップページ |  DCAM2は、がんばりました! »