«  コイルユニットのリプレース | トップページ |  コイルユニットのリプレース その2 »

 ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その2~

このPCリモコンを実験してることを友人に話したら、
「そんなのスマホ使ったWake-on-LANでいいじゃん?」 と突っ込まれましたが、コイツは判ってません。

私はPCを<リモコンでポチっと>したいんです!

・・・ま、誰も判ってはくれないでしょうけれど。(笑)


話は戻りまして、前回は赤外線でテストしてましたが、Amazonで205円と言う格安で売っている433MHz帯の無線モジュールを見つけまして、すぐさまポチりました。

これも以前に買ったリチウムイオン電池充電モジュールと同じく中国からの国際郵便でしたので届くまで時間がかかりましたが、昨日現物が届きましたので今度はこいつでPCリモコンに使えるか試してみることにします。

Pc_remocon_4 さてさて、コレの一番気になるのが送信モジュールの出力ですね。

商品説明欄を読むと出力は電源電圧で変わるようで、最大送信出力は10mW。

電源12V出力10mW(推定)でマトモなアンテナをつけて送信したら確実に電波法違反です。

「微弱無線局の3mの距離における電界強度の許容値」をみると、322MHzまでは500μV/m 以下ですが、このモジュールの使う周波数帯は使用機器が多いためにかなり制限が厳しく、35μV/m 以下になっています。

総務省 電波利用ホームページ | 微弱無線局の規定

とりあえず微弱無線機器の範囲内に納まるように、送信モジュールにはアンテナを付けずにニッケル水素電池3本3.6Vでテストしてみます。
(この状態でも規定の範囲に収まっているか微妙なんですが・・・)

Pc_remocon5 受信モジュールにもアンテナを付けていないと15cm離れただけで送信モジュールからの信号は受信できなくなります。

15cmくらいのスズメッキ線をアンテナ代わりに付けたら2~3mくらいの距離でも一応受信はできました。
でも信号が安定してないんですよね。
受信確認用につけてるLEDがチカチカ点滅するんです。

どうもAM変調で信号を飛ばしているので、送信出力の低さとも相まって、ノイズの影響をすごく受けている感じです。

この状態では電磁ノイズの塊であるPCに内蔵するのはちょっと無理っぽいですねぇ・・・

無線タイプでリモコンを作るなら、送信出力を大きくできる315MHz帯のモジュールに変えれば何とかなりそうな気もしないではないのですが、赤外線の方がやっぱり安定するかな?

とりあえず、ふりだしに戻る です。(苦笑)

|

«  コイルユニットのリプレース | トップページ |  コイルユニットのリプレース その2 »

電子工作ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/63418278

この記事へのトラックバック一覧です:  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その2~:

«  コイルユニットのリプレース | トップページ |  コイルユニットのリプレース その2 »