«  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その1~ | トップページ |  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その2~ »

 コイルユニットのリプレース

久しぶりに電子タバコを使い始めてから2ヶ月ちょっとが過ぎまして、焦げ付いて交換したコイルユニットが溜まってきました。

Ego_coil01手持ちのコイルも残り少なくなってきましたので新しいコイルを手に入れなければならないんですが、買うとそこそこのお値段になりますし、コストを大幅に抑える為にコイルを手巻きしてみる事にしました。

コイルの線材はカンタル線を使うのが一般的なようで、入手もそんなに難しくないようですが、問題なのはコイルユニットから伸びるウイッグ。

リキッドをコイルに導く為のものなんですが、このウイッグの素材は市販のeGo用コイルではシリカ線というものを使っているようです。
海外のショップでは結構どこでも扱っているんですが、国内の電子タバコのパーツ類を扱うショップではあまり取り扱いが無いみたいで、直径2mm程度のシリカ線を手に入れるのが難しそうです。

簡単に手に入れられるモノで代用できないかと色々試しました。

Ego_coil02 最終的に候補に残ったのが無印良品とかで売っているコットンと、焼豚やブロック肉を煮込む時に型崩れしないようにお肉を縛る為に使うコットン100%のタコ糸のふたつでした。

どちらもウイッグとして使えるには使えるんですが、コットンで作ったウイッグはリキッド過多気味で、バッテリースイッチを押してからリキッドが気化し始めるタイミングがワンテンポ遅くなり、気化しきれなかったリキッドの細かい水滴が直接喉にあたる感じで残念な吸い心地に・・・

心地よく使うにはコットンの量や長さを色々試してみる必要がありそうです。

タコ糸製のウイッグはなかなかリキッドが馴染まくて、ちゃんと吸える様になるまでにかなり時間がかかります。
いったん馴染んでくれるとシリカ製のウイッグと比べても遜色無く普通に吸えるんですけど、タコ糸の種類によっては慌てて吸うと焼き切れてしまうモノもありました。

結論としてシリカ線に勝るものなし、でした。(^^;)

Flowervae_02先日バッテリー目的で買ったFlowerVaseのアトマイザーで使っているボトムコイル系なら、イマイチな結果に終わったコットンで市販品と変わらぬコイルユニットにリプレースできるので、いっその事CE4やX6のアッパ-コイル系のアトマイザーから、シングルのボトムコイル系アトマイザーに買い換えようかと思案中です。

長いスパンで考えれば、送料の高い海外通販でシリカ線を個人輸入したりしてるより、新しい(と言っても型は古い)シングルのボトムコイル系アトマイザーに買い換えた方が安くなりそうな気がするんですが、どうなんでしょうね?

|

«  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その1~ | トップページ |  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その2~ »

電子タバコ/VAPE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536120/63387379

この記事へのトラックバック一覧です:  コイルユニットのリプレース:

«  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その1~ | トップページ |  ◇PCのリモコン電源スイッチを作る ~その2~ »